全く進歩しない英語2017/09/17

 去年の11月「世間が面白くない時は勉強」と決意したわりには緊張感なく、時々こんなテキストを引っ張り出していた。
 日本語指導レベルで考えると、ミネソタの大人向けESLクラス(移民のための夜間コース)でテキストとして指定された最初の一冊がN2レベルだろうか。つまり英検2級程度。このシリーズが気に入り、続編を使ってその後も気が向く度に(数ヶ月にほんの何日か)自習していた。そんなダラダラ学習だけど、長く続けているのだから多少は進歩しているかと思いきや、、N1レベル "Advanced Word Power" に至っては180ページ中意味のわかる単語など数えるほどしかないのだ。すっかり老人力がついてしまった。



 考えてみれば、日本語でさえ固有名詞はじめ幾多の言葉がじわじわ失われつつあるのだ。使わない英単語が脳細胞にしがみついていられるわけがない。
 であっても、英語勉強はなお楽しい。体のストレッチ同様、いつもと違う頭の部分を使う気持ちよさがある。課末の読解問題で時々取り上げられる人物エピソード、りんごの種を蒔いたジョニー・アップルシード、怪僧ラスプーチン、アンダーグラウンド鉄道のH.タブマンなども興味深かった。

 というわけで、進歩はしなくても細々とずっと続けるだろう。30歳の頃参加した渋谷BEの英会話サークルが思い浮かぶ。年代様々なメンバーの中に、現在のわたしよりもう少し年上の方々がいらした。確か大学の先生と銀行役員の奥様だった。みな仲良くなってランチをご一緒したりお宅に伺ったりした。60代のお二人が時折「全然覚えられないけど楽しいの」とおっしゃっていたっけ。
はい、お気持ちが今本当によくわかります。

詩人がいない2017/01/22

 トランプの大統領就任式を一通り見て、あれれ、詩人がいない!と思ったが、調べてみると、共和党の場合はこれまでも詩の朗読はなく、必須項目ではないようだ。そうだったのか。


 思い出してみれば、就任式をテレビで見始めたのはつい最近、2009年のオバマ大統領の時からだ。活字で読んだクリントン大統領就任式(1993年)のマヤ・アンジェロウ強い印象が残っており、必ず朗読があるものと思い込んでいたケネディ大統領就任時ロバート・フロストが最初で(86歳という高齢だったため原稿が見えず、別の詩か即興詩を披露)、以来5人の詩人が壇上で自作の詩を読んだという
 とにかく詩は大事でしょ、人は言葉で作られているんだから、というようなことが上のサイトに書かれている。そして、ウォルト・ホイットマンの詩を読んだらどうなの、という提案があった。

 年末年始恒例日向でうとうと読書、この冬は『名編集者パーキンズ』からの流れで『異神の国から 文学的アメリカ』(金関寿夫 南雲堂)やヘミングウェイとフィッツジェラルド書簡集などを読んでいた。金関先生のホイットマン論にちょうどこんな一節がある。

「ホイットマンはアメリカの保釈保証人だ。アメリカが危機に瀕すると必ずホイットマンが蘇ってくる」と言ったのは、今世紀アメリカの大詩人エズラ・パウンドだ。つまりアメリカ人は、時代を超えたアメリカの理想を力強い声で歌い上げたこの詩人を、なにかにつけ思い出すからである。p.220

 「トランプに就任の詩がないなら、自分たちでホイットマンを読もう」というサイトもあった。

 そうそう、一番好きなホイットマンの名言
"Be curious, not judgmental."

誰が歌うのか2016/12/14

 BBCサイトに、ドナルド・トランプの大統領就任式で歌うアーティストが見つからず困っているというニュースがあった。
それはそうでしょ。ほとんどのポップスターたちはヒラリー支持だった。「歌う人なんているわけない」というジョン・レジェンド、歌う予定と報道されて「全くありえない」とコメントしたエルトン・ジョンの話などが載っていた。

 先日のマドンナの発言は率直でよかった。しばらくの間、わたしも何か悪い夢を見ているんじゃないかと思ったものだ。

 でも嘆く必要はないのだろう。アメリカには有能で明朗で見識の広い女性たちが数多くいるというニュースもあった。13人の一人に挙げられた民主党 Elizabeth Warren の選挙後のスピーチは、本当に力強く印象的だ。

 ところで、今年のケネディ・センター名誉賞の一人に、ジェームス・テイラーが選ばれている。オバマ氏最後の授賞式は間違いなく素敵なものになるだろう。
去年の授賞式でキャロル・キングの Natural Woman を歌うアレサ・フランクリンは、ただもう圧巻だった。ミュージカル "Beautiful" の場面から始まるこの YouTube 画像、もしまだでしたら、ぜひご覧ください。人は共感しあえる人々のために歌うのだ、もちろん。

草上の鳩の壁紙2016/08/20

  2月に読んだ『地球は平らじゃない』には、1939年当時ガートルート・スタインの「パリの家にある二つの部屋には "Pigeons on the Grass, Alas" の壁紙が貼ってある」と書かれていた。
その壁紙が見つかった

pigeongrass

「嗚呼、草上の鳩よ」"Pigeons on the grass alas." (YouTube)は、1934年にヴァージル・トンプソン Virgil Thomson によって作られた3幕オペラ『四聖人』の挿入歌らしい。舞台は16世紀のスペインでありセリフとしてスタインの詩が朗読された、ということは、どう考えても摩訶不思議な前衛作品だっただろう。作品中の詩の一つ「嗚呼、草上の鳩よ」が素敵な壁紙になった経緯は、まだ出てこない。
それにしてもゆったり微笑むスタイン、いつも不機嫌そうなトクラスもくつろいだ表情だ。この部屋は絵で埋め尽くされたサロンの上の階だろうか。窓から差し込む日が暖かい。

 写真が発見できたのは、最近よく使うようになった Pinterest のおかげだ。自分のキーワードで作ったボードに画像を集め始めると、アクセスするたびに関連する画像を見せてくれる。程よく準備される画像はどれもこれも興味を引く。って当たり前か、好みや行動傾向はどんどん読み込まれ、巨大データの中に絡め取られてるんだから。今さら抵抗はできないのだから、できるだけ楽しむことにしよう。

役立つ英語コミック本2016/08/01

 ル・コルビュジエ建築物の世界遺産登録が決まった時、何か参考書はないかと本棚を探ったら、これが出てきた。
英語で書かれた入門書で、コミックブック形式を採っている。が、コミックとは言え、おかしな悪ふざけ本ではない。現代建築の先駆者フランク・ロイド・ライトとル・コルビュジエについては20ページほどを費やし(p.132-51)、建築思想を対照的に説明している。最初の部分をまとめるとざっとこんなふう。
 ライトは中西部出身のカントリーボーイだった。彼の思想は19世紀作家ソローやホイットマンに由来し、20世紀初頭のアメリカにはなお革新的な先駆者精神や自由主義を表現しうる広大な大地が開けていた。
 ル・コルビュジエは、スイスでカルヴァン主義の時計職人の子として生まれた。パリでデザインを学び、キュビズム、シュールレアリズムなど前衛芸術活動の人々と知り合い、ピュリズムを創り出した。
 そして、ライトの水平に伸びる家は敷地の形状を生かし自然素材を使って建てられ、科学と合理性を重んじるコルビュジエの建物は敷地からピロティで立ち上がり、機械のように大量生産を可能にする工業資材で造られた。

 という具合にふんだんなイラストで解りやすい"For Beginners"シリーズは、Writers and Readers Publishingから出されている。複雑に語られがちな思想やテーマが気楽に楽しめるような本を目指しているという。

 


 上の二冊は古本だったため、今ではヨレヨレだ。哲学本は裏表紙に貸し出し票が貼ってあり、調べたところ元はミシガン州デトロイトから80km離れた中学校図書館のものだった。どこをどう通って、はるばるわたしの所へ来たのだろう。この本は数年前にも紹介したような気がするが、まあいいとしよう。未購入の三冊目は今年出版されたばかり。

ネイティヴ・アメリカンの小さな本2016/05/23


 乾いたアリゾナ州やニューメキシコ州に住んでいるのは、ナヴァホ族、ホピ族、ズニ族、プエブロ族などだ。子供向けの小さな本は、彼ら南西部インディアンのシンボルのステッカーになっている。イーグルは知恵と直感、バッファローは富と成功、サンダーバードは自由と神秘、何だかパワーをもらえそうで、かわいいステッカーをノートの隅に貼ってます。まあ、気分だけど。
 もう一冊の本には、ネイティヴ・アメリカンの言葉とともに、エドワード・カーティスの写真が収められている。100年前に撮られた酋長や勇者たちの顔がよい。こんな老人になりたいものだ。無理だけど。短い言葉も確かに何かを伝えてくれる。ただし、手のひらに載るほど小さくて、ちょっと読みにくい。

ハドソン湾クエスト#52016/05/21

エピソード5 凍てつく海の端まで
 浅瀬で無残に傾いているBOBを救って旅を続けるのか、話し合いに加われないほど疲れ切った者もいる。Swampy Lake スワンピー湖からヘイズ川を東へ、残りは250km。船底に開いた大きな穴だけでなく、船の背骨キールも割れる危機的状況だが、前に進む以外の選択肢はない。覚悟を決めた乗組員たちは木立から修復用の木材を作り、壊れた樽や木の樹脂スプルース・ガム(先住民が噛んでいたチューイング・ガムの元祖)を使うなど工夫してBOBを立ち直らせた。昔のヨーク船は、何艘かのグループで移動した。仲間の船が沈めば、助け合ったり陸路で旅を続ける者もいただろう。数日がかりの修理が終わり、現代のヨークマンも信心深い隊員の祈りに全員が頭を垂れた。
 水漏れの続くBOBで濁流を乗り切ると、前に流された積み荷が浮かんでいた。回収後、急流や浅瀬では船の調子を見ながらポーテージし、苦心して3日進んだところで、再び岩に衝突。慌てふためいて飛び降りる彼らを川岸に残しBOBだけ流れかけたが、辛うじて引き戻した。試練は終わったのだろうか。
 8月の終わり、ヘイズ川を湿った冷たい空気が覆い始めた。周囲は荒涼とした風景に変わり、ハドソン湾の方角から寒気が吹き寄せる。アザラシも姿を現した。残り100kmを切る頃風は強まり、潮の流れのため先に進むのが難しくなった。焚き火で暖をとった後、潮の満ち引きを予測して夜に漕ぎ進むことにした。
 今日こそゴールだ。わずかな仮眠の後、北から追ってくる嵐を避け河口に向って力を合わせて進む。チームは強くなった、肉体的に精神的に。「平凡なカナダ人たちが非凡なことを成し遂げようとしている」
 ”Ordinary Canadians doing the extraordinary"
61日目午後、ヨーク・ファクトリーに到着。1840年の先祖と同じようにハドソン湾会社の倉庫に積み荷を運び入れ、名簿に名前と肩書きを記した「ヨークマン」

hblanding

 一週間放っておいたら、やっぱり内容を忘れてました。仕方なく復習。
地味だけど、いい番組です。その後ますます盛んになったドキュメンタリー風リアリティ番組と比較しても良心的だし、歴史考察の意味がありますよね。
Hudson's Bay Company, portage, pemmican, spruce gum, Cree族など