アメリカの家のスタイル2017/08/14

 プレーリー建築を調べる時、ずいぶん前に入手した本が役立った。『フィールド・ガイド』にはネイティヴ・アメリカンのテント tipi や、鉄道が走る以前大草原に建てられた一部屋だけのログ・キャビン、ローラたち家族も住んだ dugout( 半分土手に埋まっている、塹壕様式?!)、サンタフェで見たアドビの家などの説明もある。シャーロッツビルにあるT.ジェファーソンのモンティチェロ、ホワイトハウスにも取り入れられたギリシャ・リバイバル様式、ゴシックやチューダー、スペイン風ミッション様式、そしてもちろんプレーリーなど、パラパラめくっているうちに半日が過ぎてしまった。すぐ忘れちゃうけど。
 『ハウス・スタイル』はカラー写真が美しい。クイーン・アン様式(ヴィクトリアン)の家々が並んだサウス・カロライナのチャールストンやニュージャージー州のケープ・メイを思い出した。ケープ・メイは5年前のハリケーン・サンディの被害から立ち直っただろうか。


肩パッド外し2017/08/10

 「肩パッド外し」という言葉のリズムが「騎士団長殺し」に似ていると思いながら、古いジャケットの裏地を剥がした。右側から出てきた分厚いパッドは2枚、肩の縫い目の上下をがっちり補強していた。さすが80年代。ボン・ジョヴィの歌が聞こえそう。you give love a bad name...🎵
llbean80

 この古いジャケットは、30年ほど前ネットショッピングなど想像できなかった時代に、L.L.BeanのUS通信販売カタログを取り寄せて注文したものだ。何年もクローゼットの奥に眠っていたのを、ライト断捨離中に掘り出した。形が変なのは、明らかに堂々と張り出した肩のせいだ。資源ゴミに出すか古着引取りカウンターに持っていくか、しばらく迷ったが、手放すには忍びない。かと言って、リペアショップに肩バッド外しを頼めば少なくとも数千円はかかってしまう。そんな余裕ございませんわ。いっそのこと自力で直してみようと、手仕事を開始した。

 真夏の部屋で文字通り汗水たらし、足掛け3日で肩幅狭いジャケット完成。やみくもに裾と袖の裏地までほどいたので、余計に時間がかかったのだ。不要な作業だったね。でも縫い直したのは裏地だから、不器用さも目立たない。アクロンでザブザブ大胆に水洗いして、柔軟剤仕上げをした。Y校の夏休みを有効に使ったなあ(と自己満足)。実はもう一着あるんですが。

ベランダ菜園20172017/05/12


vegarden2017

 苗を買ったのは連休前の週末だから、かれこれ20日ほどになるのか。今年のトマトも順調に育っている。冬野菜のほうれん草は、やっぱり季節に合わないようだ。寒い時期の葉はゆっくり伸びて柔らかいサラダになったのに、今は中心の茎が力強く花が咲きかけている。春菊も同様。バジルは今回、種から始めてみた。説明には発芽させて少し伸びたら植え替えると書いてあったけど、このまま何とかなるんじゃないかと、いつもながらいい加減だ。某所からやって来た新しいローズマリー、どうかしっかり根付きますように。

 午後クラスだけ週に4日というペースが程よい。出かける前にのんびりとベランダに出る時間もある。子供たちがまだ学生で家にいた頃は午前も午後も教えていたなんて、一体どうやっていたんだろう。思い出せば、あの頃ベランダにはゴムの木と花の咲かないグレープフルーツと初代ローズマリーしかなかった。つまり、いつも身の回りに何か手をかける対象が欲しいのかもしれない。
 昨日ベランダ園芸中の教師仲間何人かと、水やりのタイミングについて話していた。朝になるとつい水をあげたくなって根腐れさせるY先生。だって構いたいんだもん、犬みたいに首輪つけて散歩させたくなるよね、と笑い合った。寂しいわたしたち、、?

世間が面白くない時は勉強2016/11/12

 孫引きだが、ドイツ語学者関口在男さんの『独逸語大講座』昭和3年(1931)最終巻に「世間が面白くない時は勉強にかぎる」という言葉があるそうだ。(半歩遅れの読書術、國府功一郎、日経新聞10月16日)
妙に納得し、Evernoteに入れておいた。

 予想外の結果に終わった米大統領選に、普段はつかないため息が止まらない。よその国のことにせよ、長年のヒラリー・ファンにはショックだった。頭脳明晰で比類ない経験を持つ女性、面白みに欠けるかもしれないが、公平で度量の大きなヒューマニストだと思う。そういう女性が次に登場するまでに何年かかるのだろう。
時代の流れが変わりつつある。ポピュリズムの波がイギリスから大きくうねってアメリカに到達した。大らかで寛容だったオバマ大統領の時代が終わる。

 世間が面白くない。だから勉強だ。
こんな時引っ張り出す英語の語彙練習帳には、過去数回の中断の跡がくっきり残っている。今年こそ年末までに終わらせよう(と毎回思うんだけど)。
 そして気持ちを引き立てるため、丁寧に家のことをしてみる。種を蒔いたばかりの冬のベランダ菜園に水をやり、パンを焼き、煮りんごを作った。晩秋のいい匂い。
あ、そうそう、不気味なパンダ顔になるコーヒー・デトックス・パックも。
夕方、図書館から『ボブ・ディラン自伝』到着のお知らせメールが入った。

革靴とバッグの染め直し2016/05/03

 左利きは器用だという一説に反して、絶望的に破壊的に不器用だ。未だに野菜の千切りはできず、針仕事すれば何か所も指に針が突き刺さり、プリントの切り貼りすれば手にセロテープがまとわりつく。
 革靴の染め直しを始めたのは、単に必要に迫られたからだった。ついでに古いバッグも持ち出した。すると、、見よ、遠目とはいえ、この美しい仕上がり!
思わず写真を公開したくなった。作業前の写真も撮っておけばよかったなあ。

leatherdye

 ブーツは去年ミズーリ州で買った40ドルほどのバース、元は茶色だったのに、しばらく履いているうちになぜか茶色と黒のまだらになった(スエード部分が擦れてしまった。)G.H.BassはClarksやCole Haanと同じカジュアルな靴メーカーで、アメリカのTangerやPremium Outletにほとんど必ず入っている。
小さいバッグは25年使用のコーチで、色落ちし悲しげにうらぶれたグレーになっていたとは言うものの、かつては厚みのあるこの革こそCoachというファンが多かったように思う。セルフ・ヴィンテージとでも言いますか。
 予想以上にうまく染まったのは、革の種類が適していたおかげだろう。クラフト社の染料と仕上げ剤を使い、乾燥時間を含め二日で染め直した。古いラグの上に新聞紙を広げてのお手軽作業、だったが、実はもう少しで終わるという時に容器をひっくり返して、ラグに黒い染料が流れたことも正直に書いておこう。一番大変だったのは、そのラグのシミ抜きでしたよ。

 革の染め直しそのものはとても簡単です。どうぞお試しください。

ベランダ菜園20162016/04/17

 東日本大震災の直後、「日常生活というものは得難い幸運なバランスの上に成り立っているのだろう」と書いたことを思い出す。大災害のニュースに気持ちが揺さぶられる。遠い国で難民になっている数百万の人々、予測できない事故、虐待で亡くなる幼い子供たち、、様々な報道を読むたびに胸がつまる。続いていくはずだったごく当たり前の生活が、荒々しく根こそぎにされてしまうことが無念で悲しい。

 毎日を丁寧に暮らさなければならないと思う。得難いバランスの上に続いている日常を、きちんと誠実に過ごすことを心がけよう。この幸運を安逸に無駄遣いしてしまうなんて申し訳ないではないか。
そんな妙に生真面目な気持ちで、他愛ないベランダ菜園をスタートした。
道路を隔てた小学校の校庭からは、いつもの通り練習に励むサッカー少年たちの声が響いている。

garden2016

 元気に冬を越したのはイタリアン・パセリ。元気をなくしているローズマリーには新しい苗を加え植え直した。花が咲かないまま20年たったグレープフルーツの木は、寒い時期に思い切って短く刈り込んである。
ミニトマトとバジルは例年通り自己流で。たまたま目についたエゴマの種も蒔いてみた。次の週末には、夏のモヒート用にミントの苗を探しに行きましょ。

今年のバジル2015/07/12


basil3015

 長雨が続いたし、数日家を空けていたが、ベランダの(食べられる)植物は屈託なく自由気ままにに伸びている。支柱を立て直し不要な葉を摘んだ。
今年の乾燥バジルは時間短縮のためこうなっている。なかなかよろしい。

 季節ごとに架け替える窓のガーデン・フラッグ、今はトンボ、つまり勝ち虫だ。いつだったかテレビで、見舞いに病院を訪れたアメリカ人が「日本では病気回復の意味があるんだって」とトンボの絵をプレゼントするシーンがあった。んー、聞いたことないよねえ。でも、いいことは何でも信じよう。