ニュージーランド北島2017/10/28

9月29日から10月8日まで、初めてニュージーランドを旅行した。いつか行きたいと思っていた国だ。NZ航空のオークランド羽田便就航記念セールに飛びついた。
忘れかけているので、急いで備忘録をつけておこう。北島は5泊(プラス機中1泊)

到着日30日、まずスカイタワーへ歩く。高い所があれば登るのだ。
skytower1

幼なじみMと二人、ガラスの外を勢いよく降りて(落ちて)いくアトラクションに驚く。20年前ならできたかも。
skytower2

夕方、もう一人の同行者(これで3度目の旅仲間U)が到着し、夕食は評判のよいThe Occidental で。初対面のMとUだが、オイスター、ムール貝と白ワインですぐ仲良くなった。
NZseafood

10月1日はザーザー雨、曇り、ちょっと晴れ、また雨、晴れ、曇り、雨という目まぐるしい天気だった。パーネル地区の週末マーケットで、美味しいものを色々試食した。マヌカハニーなら持ち帰れる。
aucklandM

ホーリートリニティ教会のステンドグラスは、ニュージーランドらしい鮮やかな図柄
holytrinityNZ

翌日からドライブ開始。ワイトモケーブを経由してロトルアへ。ワイトモ洞窟の土ボタルはSF的な光景だった。ロトルア湖沿いのホテルに2泊し、レッドウッド、間欠泉テ・プイア、マオリ文化のタマキ・ヴィレッジに行った。地熱利用のマオリ蒸し料理ハンギもおいしかったし、温水プールにも入りましょとポリネシアン・スパへ。

ロトルア湖
Lrotorua

レッドウッド
redwood

テ・プイア
tepuia

タマキ・マオリ・ヴィレッジ  "Kia ora!!"(キアオラ、マオリ語でこんにちは)
tamaki

ポリネシアン・スパ
polynesianS

3人無理なく交代しながら(くるくるラウンドアバウトではちょっと焦りながら)、2泊3日の楽しいドライブだった。レンタカー返却前、対岸にあるデヴォンポートのノースヘッドからオークランドを眺めた。
devonp

ニュージーランド南島2017/10/28

10月5日朝、幼なじみMは日本に戻り、Uとわたしは南島のクィーンズタウンへ飛んだ。なんと美しい国だろう。
NZair

クイーンズタウンの最高気温は10度前後。日本とは季節が逆だから春が始まったところで、桜も咲いていた。町中心部の若者向けホテルにチェックインし(年齢は忘れることに)、早速有名なファーグバーガーにかじりついた。

ワカティプ湖
queenstown1

ホテルからの眺め
queenstown2

ニュージーランドには、きれいな星空が眺められる場所がある。星空鑑賞ツアーに期待して、スカイウェイに乗った。
queenstown3

queenstown4
「素晴らしいね。雲もないし」と喜んでいたのはこの時間まで。その後急に雲が広がり、ツアーはキャンセルになってしまった、山頂のレストランで飲茶とNZビールの夕食を取り、すごすごと下山した。

6日、ミルフォード・サウンドのバス&クルーズ現地ツアーに参加。この時期ちょうど休日中だった某国観光客が大勢いて静かとは言えなかったが、クルーズを楽しまなくちゃ。滝に近づく。アザラシの群れが岩の上で寝転がっている。
milford1

フィヨルドの入江は長さ15km、開けてくる海はタスマン海だ。ずいぶん遠くへやって来たなあ。
milford2

片道4時間以上の道のりだが、移り変わる窓の外の風景に、全く退屈しなかった。どの牧場でも、早春に産まれた子羊が草を食む母羊にくっついていた。その愛らしいこと!少し前『羊飼いの暮らし』(ジェイムス・リーバンクス)を読んだばかりだ。のどかに見えても、牧場主たちは大忙しだろう。
milford3

帰国前日、クイーンズタウンの週末マーケット。イーグルス、U2、好みの選曲に立ち止まりチップを少し。
queenstown5

ワカティプ湖の蒸気船に乗って、ウォルターピーク農場へ行った。このツアーでは牧羊犬の様子や羊の毛刈りが見られる。gourmet BBQ lunchも名前通りグルメな内容だった。強くお薦めします。
tss2

TSS Earnslaw(アーンスロー)号の進水は1912年、タイタニック号と同じ時代だ。映画インディ・ジョーンズにアマゾン川の船として登場したそうだ。
tss

南島に3泊後、8日午前にクィーンズタウンを発ち、オークランド経由で22時過ぎに羽田着。ちなみに、オークランド羽田便は自宅までの帰宅が難しい場合があり、時間が大きく変更されるようだ。