草上の鳩の壁紙2016/08/20

  2月に読んだ『地球は平らじゃない』には、1939年当時ガートルート・スタインの「パリの家にある二つの部屋には "Pigeons on the Grass, Alas" の壁紙が貼ってある」と書かれていた。
その壁紙が見つかった

pigeongrass

「嗚呼、草上の鳩よ」"Pigeons on the grass alas." (YouTube)は、1934年にヴァージル・トンプソン Virgil Thomson によって作られた3幕オペラ『四聖人』の挿入歌らしい。舞台は16世紀のスペインでありセリフとしてスタインの詩が朗読された、ということは、どう考えても摩訶不思議な前衛作品だっただろう。作品中の詩の一つ「嗚呼、草上の鳩よ」が素敵な壁紙になった経緯は、まだ出てこない。
それにしてもゆったり微笑むスタイン、いつも不機嫌そうなトクラスもくつろいだ表情だ。この部屋は絵で埋め尽くされたサロンの上の階だろうか。窓から差し込む日が暖かい。

 写真が発見できたのは、最近よく使うようになった Pinterest のおかげだ。自分のキーワードで作ったボードに画像を集め始めると、アクセスするたびに関連する画像を見せてくれる。程よく準備される画像はどれもこれも興味を引く。って当たり前か、好みや行動傾向はどんどん読み込まれ、巨大データの中に絡め取られてるんだから。今さら抵抗はできないのだから、できるだけ楽しむことにしよう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2016/08/19/8155780/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。