役立つ英語コミック本2016/08/01

 ル・コルビュジエ建築物の世界遺産登録が決まった時、何か参考書はないかと本棚を探ったら、これが出てきた。
英語で書かれた入門書で、コミックブック形式を採っている。が、コミックとは言え、おかしな悪ふざけ本ではない。現代建築の先駆者フランク・ロイド・ライトとル・コルビュジエについては20ページほどを費やし(p.132-51)、建築思想を対照的に説明している。最初の部分をまとめるとざっとこんなふう。
 ライトは中西部出身のカントリーボーイだった。彼の思想は19世紀作家ソローやホイットマンに由来し、20世紀初頭のアメリカにはなお革新的な先駆者精神や自由主義を表現しうる広大な大地が開けていた。
 ル・コルビュジエは、スイスでカルヴァン主義の時計職人の子として生まれた。パリでデザインを学び、キュビズム、シュールレアリズムなど前衛芸術活動の人々と知り合い、ピュリズムを創り出した。
 そして、ライトの水平に伸びる家は敷地の形状を生かし自然素材を使って建てられ、科学と合理性を重んじるコルビュジエの建物は敷地からピロティで立ち上がり、機械のように大量生産を可能にする工業資材で造られた。

 という具合にふんだんなイラストで解りやすい"For Beginners"シリーズは、Writers and Readers Publishingから出されている。複雑に語られがちな思想やテーマが気楽に楽しめるような本を目指しているという。

 


 上の二冊は古本だったため、今ではヨレヨレだ。哲学本は裏表紙に貸し出し票が貼ってあり、調べたところ元はミシガン州デトロイトから80km離れた中学校図書館のものだった。どこをどう通って、はるばるわたしの所へ来たのだろう。この本は数年前にも紹介したような気がするが、まあいいとしよう。未購入の三冊目は今年出版されたばかり。

草上の鳩の壁紙2016/08/20

  2月に読んだ『地球は平らじゃない』には、1939年当時ガートルート・スタインの「パリの家にある二つの部屋には "Pigeons on the Grass, Alas" の壁紙が貼ってある」と書かれていた。
その壁紙が見つかった

pigeongrass

「嗚呼、草上の鳩よ」"Pigeons on the grass alas." (YouTube)は、1934年にヴァージル・トンプソン Virgil Thomson によって作られた3幕オペラ『四聖人』の挿入歌らしい。舞台は16世紀のスペインでありセリフとしてスタインの詩が朗読された、ということは、どう考えても摩訶不思議な前衛作品だっただろう。作品中の詩の一つ「嗚呼、草上の鳩よ」が素敵な壁紙になった経緯は、まだ出てこない。
それにしてもゆったり微笑むスタイン、いつも不機嫌そうなトクラスもくつろいだ表情だ。この部屋は絵で埋め尽くされたサロンの上の階だろうか。窓から差し込む日が暖かい。

 写真が発見できたのは、最近よく使うようになった Pinterest のおかげだ。自分のキーワードで作ったボードに画像を集め始めると、アクセスするたびに関連する画像を見せてくれる。程よく準備される画像はどれもこれも興味を引く。って当たり前か、好みや行動傾向はどんどん読み込まれ、巨大データの中に絡め取られてるんだから。今さら抵抗はできないのだから、できるだけ楽しむことにしよう。

夏休みの子供レッスン2016/08/24

 夏休みの間だけ、週に2回各90分子供たちを教えている。
7月初旬に日本へ来て都内の小学校と幼稚園に入ったところで、すぐ夏休みになってしまった。ひらがな/カタカナと基本表現を教えてほしいという依頼だ。
 今日が8回目。日常のあいさつ、簡単な自己紹介、数字は100まで、色、天気、時間など練習し、ひらがなは濁音まで終わった。ノートに書くだけでなく、アクション、iPadのKeynoteで作ったプレゼン・ファイル、カードなど工夫しているが、順番に並んでいないと字が読めない。カルタ取りゲームは張り切ってするのに、どうも定着しないなあ。
今日は付箋のひらがなを読んで、家の中に見つけ、貼り付けるゲーム。
とけい、まど、つくえ、いす、かばん、はこ、ぼうし、えんぴつ、ほん、みず、かさ、はさみ、れいぞうこ、そうじき、、、
いつの間にか読めるようになったお母さんに助けてもらいながら、楽しく飛び回って練習した。残りは2回。動詞でコマンドゲームでもしようか。
カタカナ全部する時間はないなあ。うーむ。

summerkids