MoMAのiPhoneアプリ2010/08/20

 NY近代美術館のアプリケーションに圧倒されている。
ダウンロードしてから2時間、お皿も洗わず見続けているが、まだまだこの先には数えきれない作品が詰まっているようだ。

 調べてみたら、32,000作品にアクセスできるらしい。
もちろんどれも手の中に入ってしまうサイズなのに、作品そのものの持つ力は変わらない。

monaapp

アプリの完成度が高い。
 Tourで各フロアをブラウズし、代表的な作品を鑑賞することも、あるいはArtから入り、ジャンル別、アーティスト名・年代別分類、またはキーワード検索で作品を探し出すこともできる。
 オーディオとテキストの解説付きで見る、ゴッホ、ピカソ、ルソー、ミロ、ダリ、マチス、カンディンスキー, etc.
オキーフ、G.マーフィも検索してみた。
 さらにこのアプリは、iTunes Uにも連動している。今年6月まで行われていたらしい、カルティエーブレッソン展の解説を入手した。例のサン・ラザール駅裏の水たまりの写真だ。ぴょん。

 美術と言えば、
8月の東京は暑かったが、マン・レイ展とシャガール展に出かけた。アプリを入れて予習しておいたオルセーのほうは余りの人波に断念。パリで見ることにしましょ。いつのことやら、予定はないけど。

長い冬休み2010/01/12

 数えてみたら、この冬休みは今日まで2週間以上もあった。それなのに、一体何をしていたんでしょ?
 記憶にあるのは、リビングルームの陽当たりのよい場所を、本とiPhone(Y! music用)とひざ掛けを持ってIKEAのポエングと共にズルズル移動する老女のような自分である。晴天の日が多かったし、冬の午後の長い日差しに暖められてぽかぽか、極楽でありました。

 それから、写真家関連のDVDを見た。アニー・リーボヴィッツとロバート・キャパはどちらも面白かった。年が明けてから、予定通りカルティエ=ブレッソンの映画を見に写真美術館へ行った。

 そして、図書館でこれを借りた。MAGNUM MAGNUM。多分大きい本だろうと予想したけど、まさかこれほどの大型本だとは。
 図書館から3ブロック、両手に抱えてよろよろ運びました。568ページ、重さは6.5kg。
これはなかなか読み終わりませんぞ。ページをめくる、写真を見る、文章を読む、考える、、

 そのままそこに在るものの最高の瞬間を捉えるカルティエ=ブレッソンと、大がかりなセットを準備して最高の瞬間を作るアニーは、作品を作り出す方法が対照的だ。
彼らに共通したのは、撮影した数時間後、被写体だった偉大な人たちが暗殺されたことだろう。ガンジーとジョン・レノン。その大きな喪失を記録する役割を担った、ということか。

 スーザン・ソンタグがアニーのパートナーだったという話もいい。アニーが破産の危機にあったと最近の新聞に出ていたけど、蓄財に励む人じゃなかったからなんでしょう。何とか財産の没収は免れたらしい。

 キャパとスタインベック、ヘミングウェイ、ピカソとの関わりなども興味深い。彼と他のマグナムの写真家については、もう少し読んでみたい。1月の宿題ね。

「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン展」行きました2009/12/23

 G校午前授業とY校忘年会の間にぽっかりと数時間。きのう、恵比寿の東京都写真美術館へ「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし」を見に行った。

 1940-50年代の木村伊兵衛作品は、きっと私の父が見たであろう日本の風景だ。銀座、上野、浅草、、。昭和の景色はどこか埃っぽく、日差しは強く、陰影がくっきりしている。
 横山大観って、細身だったんですね。谷崎さんはけっこう普通の中年男だ。父が愛読した永井荷風のポートレートもあった。

 カルティエ=ブレッソンの30年代はG.スタインのパリ、ガルシア・ロルカのセビーリャだ、と考えながら見た。
 10代の美しいカポーティが、険しい顔をしたステーグリッツ(J.オキーフの夫)の隣りに掛かっていた。
 サン・ラザール駅裏の水たまりをぴょんと跳んだ時、山高帽の紳士は60年後の日本人(私)がその姿を幾度もしげしげと眺めることになるとは、思いもしなかったことだろう。右足が水たまりに到達するまでの、永遠に長い一瞬だ。

 映画『記憶の瞬間』のほうは、1月5-15日に期間限定で上映される。
前売り券買いました、はい。