イタリアへ絵を観に行く (1)2018/01/07

 イタリアには「死ぬまでに見たい絵」がたくさんあるなあ、というぼんやりした気持ちが発端だ。12月なら学期休みも長い。主要都市を回るツアーを探しているうちに、これなら自分でもできそうだと思い、半年以上前ローマin/ミラノoutのアリタリア航空券を早期予約した。それからじわじわと細かい計画を練り、ホテルや電車、美術館の予約を入れて、12月16日から10泊12日の一人旅に出かけた。

宿泊地と事前予約の美術館:
12/16-18 ローマ3泊 ボルゲーゼ美術館 ヴァチカン美術館
12/19-21 フィレンツェ3泊 ウフィツィ美術館 アカデミア美術館
12/22-23 ヴェネチア2泊
12/14-25 ミラノ2泊 「最後の晩餐」

3回の移動はイタリア国鉄(トレニタリア)の特急フレッチェロッサを(ネット早期予約、かなり割引)利用。これは1等でも新幹線の半額以下の料金だった。
ホテルはどこも駅から徒歩3分以内の中級ホテル(朝食つき1泊6,000〜8,000円程度)、石畳の道をスーツケース引いてゆくには近さが重要。
主要4都市を(バスや地下鉄も使ったけど)ひたすら歩き回る旅行だった。1日平均12km。でも全然疲れない期間限定的旅行人格。寒かったけど毎日晴天だったし、楽しかったなあ。もう少し長くてもよかったかも。

foro romano
到着2日目、パラティーノの丘からフォロ・ロマーノを見下ろす

年末・学期末2017/12/11

 Y校上級クラス今年最終週の授業は、ピア(グループ)ワークでの発表だ。アジア系のこの学校でこうした活動を行うのは、実は今回が初めて。当初学生たちの大半は、内容が理解できないようだった。出身国では生徒が発表するという授業がほとんどないのだ。手本になるよう考慮された「活動ノート」が配布された。

 グループで興味のあることをディスカッションの上アンケートを作成し、他クラス学生も対象とした調査を行う。そのデータを集計分析し、まとめて発表へという流れが何とか動き出し、今日は発表準備の日だ。皆あーだこーだ言い合いながら、明日のプレゼン用資料を作っている。
 まとまってきましたね。よしよし。

1C2017YIEA

秋のダイエット2017/11/29

 誕生日が来てまたひとつ年を取った。
ゆっくり起床して週4日午後クラスというのが、最近の固定スケジュールだ。行き帰りの電車では、音楽を聴きながら本を読むかうたた寝する。週末はお掃除と買い物と図書館。時々友達に会って一緒にご飯を食べる。都合がつけばストレッチ教室へ行く。映画は年に数本、美術館に数回。こうしてじわじわと、後戻りすることなく老年期へと向かっていくわけだ。ふーむ。

 最近特筆すべきことはダイエット成功かな。書いておこう。
記録好きという性格に適したアプリのおかげで、3ヶ月で3キロ減量した。全く大したことじゃないけど、数字を眺めると人間がカロリーを消費して生きていることが改めてよく分かる。深夜の一人ワイン&チーズという誘惑にも抵抗できるようになったし、心もち軽く動ける。
 「楽々カロリー」今日初めて検索したところ、このレコードカロリー・アプリはしばらく前から話題になっていたようだ。

rakurakuap

 さて、あさってから12月。冬にぬくぬく過ごしてリバウンドせぬよう、自制しましょう。はい。

ニュージーランド南島2017/10/28

10月5日朝、幼なじみMは日本に戻り、Uとわたしは南島のクィーンズタウンへ飛んだ。なんと美しい国だろう。
NZair

クイーンズタウンの最高気温は10度前後。日本とは季節が逆だから春が始まったところで、桜も咲いていた。町中心部の若者向けホテルにチェックインし(年齢は忘れることに)、早速有名なファーグバーガーにかじりついた。

ワカティプ湖
queenstown1

ホテルからの眺め
queenstown2

ニュージーランドには、きれいな星空が眺められる場所がある。星空鑑賞ツアーに期待して、スカイウェイに乗った。
queenstown3

queenstown4
「素晴らしいね。雲もないし」と喜んでいたのはこの時間まで。その後急に雲が広がり、ツアーはキャンセルになってしまった、山頂のレストランで飲茶とNZビールの夕食を取り、すごすごと下山した。

6日、ミルフォード・サウンドのバス&クルーズ現地ツアーに参加。この時期ちょうど休日中だった某国観光客が大勢いて静かとは言えなかったが、クルーズを楽しまなくちゃ。滝に近づく。アザラシの群れが岩の上で寝転がっている。
milford1

フィヨルドの入江は長さ15km、開けてくる海はタスマン海だ。ずいぶん遠くへやって来たなあ。
milford2

片道4時間以上の道のりだが、移り変わる窓の外の風景に、全く退屈しなかった。どの牧場でも、早春に産まれた子羊が草を食む母羊にくっついていた。その愛らしいこと!少し前『羊飼いの暮らし』(ジェイムス・リーバンクス)を読んだばかりだ。のどかに見えても、牧場主たちは大忙しだろう。
milford3

帰国前日、クイーンズタウンーの週末マーケット。イーグルス、U2、好みの選曲に立ち止まり心づけを少し。
queenstown5

ワカティプ湖の蒸気船に乗って、ウォルターピーク農場へ行った。このツアーでは牧羊犬の様子や羊の毛刈りが見られる。gourmet BBQ lunchも名前通りグルメな内容だった。強くお薦めします。
tss2

TSS Earnslaw(アーンスロー)号の進水は1912年、タイタニック号と同じ時代だ。映画インディ・ジョーンズにアマゾン川の船として登場したそうだ。
tss

南島に3泊後、8日午前にクィーンズタウンを発ち、オークランド経由で22時過ぎに羽田着。ちなみに、オークランド羽田便は自宅までの帰宅が難しい場合があり、時間が大きく変更されるようだ。

ニュージーランド北島2017/10/28

9月29日から10月8日まで、初めてニュージーランドを旅行した。いつか行きたいと思っていた国だ。NZ航空のオークランド羽田便就航記念セールに飛びついた。
忘れかけているので、急いで備忘録をつけておこう。北島は5泊(プラス機中1泊)

到着日30日、まずスカイタワーへ歩く。高い所があれば登るのだ。
skytower1

幼なじみMと二人、ガラスの外を勢いよく降りて(落ちて)いくアトラクションに驚く。20年前ならできたかも。
skytower2

夕方、もう一人の同行者(これで3度目の旅仲間U)が到着し、夕食は評判のよいThe Occidental で。初対面のMとUだが、オイスター、ムール貝と白ワインですぐ仲良くなった。
NZseafood

10月1日はザーザー雨、曇り、ちょっと晴れ、また雨、晴れ、曇り、雨という目まぐるしい天気だった。パーネル地区の週末マーケットで、美味しいものを色々試食した。マヌカハニーなら持ち帰れる。
aucklandM

ホーリートリニティ教会のステンドグラスは、ニュージーランドらしい鮮やかな図柄
holytrinityNZ

翌日からドライブ開始。ワイトモケーブを経由してロトルアへ。ワイトモ洞窟の土ボタルはSF的な光景だった。ロトルア湖沿いのホテルに2泊し、レッドウッド、間欠泉テ・プイア、マオリ文化のタマキ・ヴィレッジに行った。地熱利用のマオリ蒸し料理ハンギもおいしかったし、温水プールにも入りましょとポリネシアン・スパへ。

ロトルア湖
Lrotorua

レッドウッド
redwood

テ・プイア
tepuia

タマキ・マオリ・ヴィレッジ  "Kia ora!!"(キアオラ、マオリ語でこんにちは)
tamaki

ポリネシアン・スパ
polynesianS

3人無理なく交代しながら(くるくるラウンドアバウトではちょっと焦りながら)、2泊3日の楽しいドライブだった。レンタカー返却前、対岸にあるデヴォンポートのノースヘッドからオークランドを眺めた。
devonp

全く進歩しない英語2017/09/17

 去年の11月「世間が面白くない時は勉強」と決意したわりには緊張感なく、時々こんなテキストを引っ張り出していた。
 日本語指導レベルで考えると、ミネソタの大人向けESLクラス(移民のための夜間コース)でテキストとして指定された最初の一冊がN2レベルだろうか。つまり英検2級程度。このシリーズが気に入り、続編を使ってその後も気が向く度に(数ヶ月にほんの何日か)自習していた。そんなダラダラ学習だけど、長く続けているのだから多少は進歩しているかと思いきや、、N1レベル "Advanced Word Power" に至っては180ページ中意味のわかる単語など数えるほどしかないのだ。すっかり老人力がついてしまった。



 考えてみれば、日本語でさえ固有名詞はじめ幾多の言葉がじわじわ失われつつあるのだ。使わない英単語が脳細胞にしがみついていられるわけがない。
 であっても、英語勉強はなお楽しい。体のストレッチ同様、いつもと違う頭の部分を使う気持ちよさがある。課末の読解問題で時々取り上げられる人物エピソード、りんごの種を蒔いたジョニー・アップルシード、怪僧ラスプーチン、アンダーグラウンド鉄道のH.タブマンなども興味深かった。

 というわけで、進歩はしなくても細々とずっと続けるだろう。30歳の頃参加した渋谷BEの英会話サークルが思い浮かぶ。年代様々なメンバーの中に、現在のわたしよりもう少し年上の方々がいらした。確か大学の先生と銀行役員の奥様だった。みな仲良くなってランチをご一緒したりお宅に伺ったりした。60代のお二人が時折「全然覚えられないけど楽しいの」とおっしゃっていたっけ。
はい、お気持ちが今本当によくわかります。

見たい映画2本2017/09/03

 原画をのべ何百人ものアーティストが描いた"Loving Vincent"が、『ゴッホ~最期の手紙~』として公開されるらしい。制作過程をfacebookで見て、いつ完成するのか気になっていた。東京都美術館の「ボストン美術館の至宝展」案内に一部使われていたが、これが予告編のようだ。10月から六本木TOHOシネマズで公開、ちょっと遠いんですけど。


 behind the scenesはここ

 J.D.サリンジャーの"The Catcher In the Rye"執筆時期を描いた"Rebel In the Rye"、もちろんユージン・オニール(当時既にノーベル賞を受賞していた劇作家)の娘ウーナが出てくる。コロンビア大学の恩師役にケヴィン・スペイシー。カポーティも少しばかり登場するらしい。公開時期未定、早くしてくださ〜い。どんな邦題になるのか。