4年ぶりのミネソタ(第16次遠征隊#3)2017/07/15

 出発前日にふと思いつき、古い新聞記事をスキャンして持って行った。最初にミネソタを訪れた時のものだ(もちろん初めての海外旅行)。1970年代のミネソタ・スター紙(現在はスター・トリビューン)が、日本からサマーキャンプにやって来た高校生を取り上げている。当時はまだ短期留学生が珍しかったのだろう。

minnesotanews

 その後、偶然にもまたミネソタに日本語教師として派遣され、2000年から娘と2年過ごした。その時期に知り合った何人かの友達を、親切なスーザンがブランチに呼んでくれた。16歳だったんだ、へえ。面白がってこの記事に目を通し、話が広がった

 スペリオル湖沿いの町には、70年代のサマーキャンプで知り合った友達も住んでいる。今では家族ぐるみの長い長い友達だ。
ブルミントンに2泊後北へ走った。湖を見下ろすシーニック・ドライブはMinnesota State Highway 61でもある。つまり、ダルース出身のボブ・ディランが歌った "Highway 61 Revisited" の北の端だ。
 L&G夫妻の家には、娘といた頃にも何回かお邪魔している。今回は自分たちで2年がかりで建てたというゲストキャビン(普段はリゾートとして貸し出している)を、夫とわたしに3泊提供してくれた。ミネソタ風のログキャビン、何てステキなんでしょ。窓の外にはスペリオル湖が広がっている。テーブルにはちょうど見頃のルピナスが飾られていた。

cabin1

cabin2

lakeS

 ところで、"No Direction Home"の冒頭で「故郷への長い旅に出たオデッセウスのように、どこにあるかわからないホームを探し続けている」と語ったボブ・ディランだが、ダルースでは毎年 Duluth Dylan Festival が開かれている。2013年に続いて、ディランが今年も故郷を訪れるらしいと聞いた。

アイオワ州のFLライト(第16次遠征隊#2)2017/07/15

 今回のルートはオマハからアイオワ州を通ってミネソタ州北部までというものだが、計画中にミネソタの友達が道沿いにある興味深い場所をいくつか書き送ってくれた。おおこれは是非!と組み込んだのは、メイソンシティという小さな町にあるフランク・ロイド・ライトの建物だ。

 Stockman Houseは博物館になっているが、ツアー時間に間に合わず外側を一周しただけ。実は近くに同じようなプレーリー・スタイルの家があり、少々迷って時間がかかったのだ。あれは似非ライトだったのか?
stockmanH

 Historic Park Innではライトの意匠デザインを存分に見ることができる。特に断りもせずロビーに入り、応接室を撮らせてもらった。素晴らしい!!
建物を修復する時、市内の医師夫妻からステンドグラスの天井パネル25枚が寄贈されたと言う。(この翌日ミネソタのスーザンが、補修を担当したガラス工房製のFLスタイル窓飾りを見せてくれた。)
historicparkInn

 ホテルの前にある公園に、ライト氏がデザイン画を抱えて立っている。帝国ホテルでは今年、生誕150周年記念イベントが開かれていますね。
FLWrightS

 オマハからメイソンシティまで約400km、およそ4時間半。メイソンからミネソタ州ブルミントンまでは約200km、2時間余り。予約しておいた車種はもうないからと貸し出されたJeepは、燃費がかなり悪い。途中気づかないうちにタンクが空になり、(何もない一面のコーンフィールド、ハイウェイ35N線で)ぎゃーエンストか〜っ?!と青ざめたが、危ういところでガソリンスタンドを見つけ、何とか友人宅にたどり着いた。気をつけなくちゃ。

オマハ(第16次遠征隊#1)2017/07/15

 6月23日、デルタ航空ミネアポリス便が2時間遅れで羽田を出発、乗り換え便は自動的に差し替えられ、夜7時過ぎにオマハ空港に到着した。ネブラスカは全米ドライブ計画の47州目だ。空が広い。日が長い。レンタカーを借り、明るいうちにホテルに入ったが、予定していたオールドタウン散策はできずちょっと残念だった。

 なぜオマハに来たのか?"What brings you here?"と何人かに聞かれ、"beer and beef"と答えた。そう、ネブラスカについて調べた時、真っ先に頭に浮かんだのがこれだった。早速のビア・テイスティング。うふふ。
写真では大きく見えるけど、グラスの大きさは100mlくらい?とは言え12種類あれば、なかなかの量ではあります。もちろんOmaha Steakも注文。オールドタウンの中心にあるマイクロ・ブルワリーUpstream Brewery Company、テーブル係が親切だった。
omahabeer

 翌朝、ヘンリー・ドーリー動物園に行った。Henry Doorly Zoo & Aquariumは世界有数の動物園として有名らしい。広々としたサファリを象やキリンが悠々と歩いている。砂漠ドームや蝶の温室も珍しく楽しい区画だ
omahazoo

 オマハで有名なのは、大富豪の投資家ウォーレン・バフェット氏だろうか。ジョスリン美術館やダーラム博物館なども、時間があれば足を伸ばしたかった。
ルイス&クラーク探検隊が立ち寄ったというミズーリ川沿いを少しドライブし、数年前の映画『ネブラスカ』や(ブローティガンの小説に登場した)ネブラスカのことばかり考えている男のことなど思い出しながら州境を越えた。

2017年春学期2017/06/19

 日本語学校は3ヶ月ターム制が多い。K校の総合日本語コース、春学期10週間は先週終了した。Y校も水曜日の個人面談が終わると、短い学期休みに入る。
 
 久しぶりに写真を貼り付けよう。アジア系5カ国21人は初級後半を勉強中だ。都心の学校に安全対策は欠かせず、5月の校外学習は防災館、今日は避難訓練だった。
 ディクテーション、漢字と文法小テスト、動詞フォームテスト、各課テストの採点と成績表記入、お掃除当番表と月毎の座席表作成など、授業以外の作業も少なくない。今年度担任制が復活したY校で(逃げ切れず)クラスを任されてしまい、楽しいけれど気忙しい3ヶ月だった。お疲れさま〜

yiwa2017spring

眺める本2017/05/20

 今年の母の日プレゼントは本だった。ちゃっかりこちらから希望を言って届けてもらった。ありがとう、子供たち。
ここ数年、本はたいてい図書館で借りることにしているが、こういう本は置いていない。旅先の本屋で見かけ、いつか欲しいとメモしておいた大判の本だ。どちらも子供向けなので週末にゆっくり、読むというより(多分辞書なしで)眺められる。

ベランダ菜園20172017/05/12


vegarden2017

 苗を買ったのは連休前の週末だから、かれこれ20日ほどになるのか。今年のトマトも順調に育っている。冬野菜のほうれん草は、やっぱり季節に合わないようだ。寒い時期の葉はゆっくり伸びて柔らかいサラダになったのに、今は中心の茎が力強く花が咲きかけている。春菊も同様。バジルは今回、種から始めてみた。説明には発芽させて少し伸びたら植え替えると書いてあったけど、このまま何とかなるんじゃないかと、いつもながらいい加減だ。某所からやって来た新しいローズマリー、どうかしっかり根付きますように。

 午後クラスだけ週に4日というペースが程よい。出かける前にのんびりとベランダに出る時間もある。子供たちがまだ学生で家にいた頃は午前も午後も教えていたなんて、一体どうやっていたんだろう。思い出せば、あの頃ベランダにはゴムの木と花の咲かないグレープフルーツと初代ローズマリーしかなかった。つまり、いつも身の回りに何か手をかける対象が欲しいのかもしれない。
 昨日ベランダ園芸中の教師仲間何人かと、水やりのタイミングについて話していた。朝になるとつい水をあげたくなって根腐れさせるY先生。だって構いたいんだもん、犬みたいに首輪つけて散歩させたくなるよね、と笑い合った。寂しいわたしたち、、?

スリランカ(3)文化三角地帯その他2017/05/01

Green Holidayサイトから地図を拝借
srilankamap

 今回回ったのは、3−4泊で行ける最もポピュラーな文化三角地帯だ。
国際便はほとんど深夜にバンダラナイケ国際空港に到着する。翌朝から車でアヌラーダプラ〜(ポロンナルワ)〜シギリヤ〜(ダンブッラ)〜キャンディ〜(ヌワラエリヤ)〜コロンボと回るのが、日本からのツアーや現地出発ツアーにもよくあるコースのようだ。滞在期間がもう少し長ければ、南のゴールなどにも足を延ばす。公共交通機関を利用しての個人旅行は、きっとかなり難しいだろう。何しろ、完全には止まらないバスに皆が飛び乗り飛び降りる国なのだ。
 ガイドを本業とするスニールさんにお願いして、かなり良心的な値段でツアーをまとめていただいた。前後にはご自宅に泊めてくださり、スリランカ家庭の暮らし方も知ることができた。ありがたいことです。

 食事は様々なカレーと野菜あれこれ、果物と紅茶。外国人向けに抑えてあったが、きっと本物は数段辛いのだろう。短時間のツアーにアーユルヴェーダも組み込み、オイルマッサージとハーブ蒸しを体験。ほとんど縁のない宝石屋にも行ってみた。そうそう、観光コースの象乗りやスパイスガーデンなども。
 残念ながら見られなかったのは、ヌワラエリヤの紅茶畑、建築家ジェフリー・バワの建物。伝統の残るイギリス式アフタヌーンティも次の宿題にしよう。

 広いスニールさんの家では、Y君のお母さんとお姉さんが幼稚園を運営している。ちょっと珍しいスリランカの幼稚園風景をここに3枚。やんちゃな子やはにかみ屋、子供はどこの国も面白いよね。
 コホマダ・オヤテ?(お元気ですか)
 ママ・ホディン(はい、元気です)

srilankakids1

srilankakids2

srilankakids3