ヨセミテで救われる(第17次遠征隊#1)2018/07/07

 今年の遠征隊の目的地はヨセミテ、サンフランシスコ、そしてシンシナティだった。天気に恵まれた10日間、毎日楽しかったが、旅行をいっそう忘れられないものにしたのはヨセミテ山頂近くのパンク騒動だろう。

 6月16日サンフランシスコ空港で車を借り、翌日旅の仲間Uが合流してヨセミテ国立公園へ出発した。順調に東へ進み、午後2時過ぎにエル・ポータルのホテルに到着。公園内に入ってブライダルベール滝とトンネルビューの美しい景観を眺め、ヨセミテ・バレーのビジターセンター近くに駐車して、シャトル・バスで付近をゆっくり一周した。

写真で見慣れたトンネルビューだけど、現実の雄大な眺めに息をのむ。
左にエル・キャピタン、奥にハーフドームの頭が見えている。

yosemite1

 次の日は標高2,199mグレイシャー・ポイントへ。英語も運転も上手なUだが、実はこの日がアメリカ初運転、いきなりの山道ドライブは、今思えばハードル高かったよね。小一時間ほど登った時、頂上近くのカーブで路肩(の岩場)に脱輪してしまった。ガッタンゴットンと数秒。のためポイント一つ手前の駐車場で確認したところ、助手席側後輪のパンクを発見した。ぎゃっ。ど、どうする?
 レンタカーに載っているスペアタイアに交換すればいいのはわかっているが、我々にそんな技はない。思い切って、近くで休んでいた女性ライダーに声をかけた。あのー、すみません...

 30分後のイージーライダーズ。何と大らかで親切な人々だったことでしょう。わいわい言いながら、協力しあって手際よくタイヤを交換して下さった。ありがとう!
スペアタイヤでは50マイル(80km)以上のスピードを出さないこと、できるだけ早くパンクを直して元のタイヤに戻すことなどのアドバイスもいただいた。
「ますますアメリカ人が好きになった」高校留学経験のあるUがつぶやいた。


 ホッとして眺めるグレイシャーポイントからのハーフドーム
神々しいほどの壮大さだ。きっと忘れないね。

yosemite2

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2018/07/07/8911105/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。