イタリアへ絵を観に行く (3)2018/01/08

フィレンツェ

 駅に近いホテルに2時前にチェックインし、さっそく歩き始める。が、今回初めて持参したwifiで利用するGoogle mapのGPSと持ち主の方向感覚が妙にズレるのだ。違った方向に無駄に歩いてしまう。紙の地図だけの頃にこの混乱はなかった。
サンタマリア・デッラ・フィオーレ、フィレンツェのドゥオモに圧倒される。並んで内部を見学し、並んでクーポラに登り、町を見下ろした。フィレンツェは美しいと聞いていた。本当に美しい。
GPSと戦いながら、歴史地区を歩き回った。
florence_1
florence_2

 翌朝ウフィツィ美術館へ行く。ボッティチェリの間は既に混雑、特に中国の団体ツアー客でにぎやかだ。回廊からベッキオ橋方向を眺め、ミケランジェロ(聖家族)、ラファエロ(ヒワの聖母)、ダ・ヴィンチ(受胎告知)、、名だたる傑作にクラクラしながら外へ出た。
florence_3
florence_4
florence_5

中央マーケットのフードコートで昼食を取り、午後はアカデミア美術館。ダビデ像が決意に満ち、孤独に立っていた。
その後サン・ロレンツォ聖堂や市場、前日買ったチケットで入れるドゥオモ付属博物館など回っているうちに、もう夕方になってしまう。時間足りないよね、いつも。

 ところで、ルネサンスの町フィレンツェで、この旅行中唯一の危機が勃発した。
駅前のカルフールで3人の不良娘に囲まれ、その一人にワインボトルで頭を殴られたのである。妙に近づいてくるなあと思った瞬間、パコン。(ボカン!でないのが幸い)とっさにバッグを押さえ込み(元々しっかり斜めがけ)無事だったが、さすがイタリア!注意しましょう。

イタリアへ絵を観に行く (4)2018/01/08

トスカーナ1日ツアー

 ピサも行かなきゃとフィレンツェからの経路を考えている時、現地ツアー参加を思いついた。いくつものコースから選んだのが本場キャンティのワイン・テイスティングもついたシエナ、サン・ジミニャーノ&ピサツアーで、これが大正解だった。・

A SPECIAL DAY IN TUSCANY: PISA, SAN GIMIGNANO, SIENA(参加日のツアーは順序が違う)
 いずれも世界遺産に登録された歴史ある町だ。
英語ツアーの参加者は10数カ国からのおよそ40人で、バスは満席だった。日本人は一人だけ。隣り合った台湾のカップルや、北京からの母娘2組などと話しながら楽しい一日だった。北京の母娘たちとはその後ヴェネチアでもバッタリ会った。

 ゴシック様式のシエナ大聖堂では、ラファエロがフレスコ画の修行をしたそうだ。サン・ジミニャーノは中世そのままの小さな町。高い所があれば登りたい中年旅行者は、もちろんピサの斜塔にも。平衡感覚が乱れるのか、下へ降りたらしばらくフラつきました。

ツアーの時間は朝8:00ー19:30
tuscany