イタリアへ絵を観に行く (1)2018/01/07

 イタリアには「死ぬまでに見たい絵」がたくさんあるなあ、というぼんやりした気持ちが発端だ。12月なら学期休みも長い。主要都市を回るツアーを探しているうちに、これなら自分でもできそうだと思い、半年以上前ローマin/ミラノoutのアリタリア航空券を早期予約した。それからじわじわと細かい計画を練り、ホテルや電車、美術館の予約を入れて、12月16日から10泊12日の一人旅に出かけた。

宿泊地と事前予約の美術館:
12/16-18 ローマ3泊 ボルゲーゼ美術館 ヴァチカン美術館
12/19-21 フィレンツェ3泊 ウフィツィ美術館 アカデミア美術館
12/22-23 ヴェネチア2泊
12/14-25 ミラノ2泊 「最後の晩餐」

3回の移動はイタリア国鉄(トレニタリア)の特急フレッチェロッサを(ネット早期予約、かなり割引)利用。これは1等でも新幹線の半額以下の料金だった。
ホテルはどこも駅から徒歩3分以内の中級ホテル(朝食つき1泊6,000〜8,000円程度)、石畳の道をスーツケース引いてゆくには近さが重要。
主要4都市を(バスや地下鉄も使ったけど)ひたすら歩き回る旅行だった。1日平均12km。でも全然疲れない期間限定的旅行人格。寒かったけど毎日晴天だったし、楽しかったなあ。もう少し長くてもよかったかも。

foro romano
到着2日目、パラティーノの丘からフォロ・ロマーノを見下ろす

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2018/01/07/8764858/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。