4年ぶりのミネソタ(第16次遠征隊#3)2017/07/15

 出発前日にふと思いつき、古い新聞記事をスキャンして持って行った。最初にミネソタを訪れた時のものだ(もちろん初めての海外旅行)。1970年代のミネソタ・スター紙(現在はスター・トリビューン)が、日本からサマーキャンプにやって来た高校生を取り上げている。当時はまだ短期留学生が珍しかったのだろう。

minnesotanews

 その後、偶然にもまたミネソタに日本語教師として派遣され、2000年から娘と2年過ごした。その時期に知り合った何人かの友達を、親切なスーザンがブランチに呼んでくれた。16歳だったんだ、へえ。面白がってこの記事に目を通し、話が広がった

 スペリオル湖沿いの町には、70年代のサマーキャンプで知り合った友達も住んでいる。今では家族ぐるみの長い長い友達だ。
ブルミントンに2泊後北へ走った。湖を見下ろすシーニック・ドライブはMinnesota State Highway 61でもある。つまり、ダルース出身のボブ・ディランが歌った "Highway 61 Revisited" の北の端だ。
 L&G夫妻の家には、娘といた頃にも何回かお邪魔している。今回は自分たちで2年がかりで建てたというゲストキャビン(普段はリゾートとして貸し出している)を、夫とわたしに3泊提供してくれた。ミネソタ風のログキャビン、何てステキなんでしょ。窓の外にはスペリオル湖が広がっている。テーブルにはちょうど見頃のルピナスが飾られていた。

cabin1

cabin2

lakeS

 ところで、"No Direction Home"の冒頭で「故郷への長い旅に出たオデッセウスのように、どこにあるかわからないホームを探し続けている」と語ったボブ・ディランだが、ダルースでは毎年 Duluth Dylan Festival が開かれている。2013年に続いて、ディランが今年も故郷を訪れるらしいと聞いた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2017/07/15/8621133/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。