アイオワ州のFLライト(第16次遠征隊#2)2017/07/15

 今回のルートはオマハからアイオワ州を通ってミネソタ州北部までというものだが、計画中にミネソタの友達が道沿いにある興味深い場所をいくつか書き送ってくれた。おおこれは是非!と組み込んだのは、メイソンシティという小さな町にあるフランク・ロイド・ライトの建物だ。

 Stockman Houseは博物館になっているが、ツアー時間に間に合わず外側を一周しただけ。実は近くに同じようなプレーリー・スタイルの家があり、少々迷って時間がかかったのだ。あれは似非ライトだったのか?
stockmanH

 Historic Park Innではライトの意匠デザインを存分に見ることができる。特に断りもせずロビーに入り、応接室を撮らせてもらった。素晴らしい!!
建物を修復する時、市内の医師夫妻からステンドグラスの天井パネル25枚が寄贈されたと言う。(この翌日ミネソタのスーザンが、補修を担当したガラス工房製のFLスタイル窓飾りを見せてくれた。)
historicparkInn

 ホテルの前にある公園に、ライト氏がデザイン画を抱えて立っている。帝国ホテルでは今年、生誕150周年記念イベントが開かれていますね。
FLWrightS

 オマハからメイソンシティまで約400km、およそ4時間半。メイソンからミネソタ州ブルミントンまでは約200km、2時間余り。予約しておいた車種はもうないからと貸し出されたJeepは、燃費がかなり悪い。途中気づかないうちにタンクが空になり、(何もない一面のコーンフィールド、ハイウェイ35N線で)ぎゃーエンストか〜っ?!と青ざめたが、危ういところでガソリンスタンドを見つけ、何とか友人宅にたどり着いた。気をつけなくちゃ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2017/07/15/8620935/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。