スリランカ(3)文化三角地帯その他2017/05/01

Green Holidayサイトから地図を拝借
srilankamap

 今回回ったのは、3−4泊で行ける最もポピュラーな文化三角地帯だ。
国際便はほとんど深夜にバンダラナイケ国際空港に到着する。翌朝から車でアヌラーダプラ〜(ポロンナルワ)〜シギリヤ〜(ダンブッラ)〜キャンディ〜(ヌワラエリヤ)〜コロンボと回るのが、日本からのツアーや現地出発ツアーにもよくあるコースのようだ。滞在期間がもう少し長ければ、南のゴールなどにも足を延ばす。公共交通機関を利用しての個人旅行は、きっとかなり難しいだろう。何しろ、完全には止まらないバスに皆が飛び乗り飛び降りる国なのだ。
 ガイドを本業とするスニールさんにお願いして、かなり良心的な値段でツアーをまとめていただいた。前後にはご自宅に泊めてくださり、スリランカ家庭の暮らし方も知ることができた。ありがたいことです。

 食事は様々なカレーと野菜あれこれ、果物と紅茶。外国人向けに抑えてあったが、きっと本物は数段辛いのだろう。短時間のツアーにアーユルヴェーダも組み込み、オイルマッサージとハーブ蒸しを体験。ほとんど縁のない宝石屋にも行ってみた。そうそう、観光コースの象乗りやスパイスガーデンなども。
 残念ながら見られなかったのは、ヌワラエリヤの紅茶畑、建築家ジェフリー・バワの建物。伝統の残るイギリス式アフタヌーンティも次の宿題にしよう。

 広いスニールさんの家では、Y君のお母さんとお姉さんが幼稚園を運営している。ちょっと珍しいスリランカの幼稚園風景をここに3枚。やんちゃな子やはにかみ屋、子供はどこの国も面白いよね。
 コホマダ・オヤテ?(お元気ですか)
 ママ・ホディン(はい、元気です)

srilankakids1

srilankakids2

srilankakids3

ベランダ菜園20172017/05/12


vegarden2017

 苗を買ったのは連休前の週末だから、かれこれ20日ほどになるのか。今年のトマトも順調に育っている。冬野菜のほうれん草は、やっぱり季節に合わないようだ。寒い時期の葉はゆっくり伸びて柔らかいサラダになったのに、今は中心の茎が力強く花が咲きかけている。春菊も同様。バジルは今回、種から始めてみた。説明には発芽させて少し伸びたら植え替えると書いてあったけど、このまま何とかなるんじゃないかと、いつもながらいい加減だ。某所からやって来た新しいローズマリー、どうかしっかり根付きますように。

 午後クラスだけ週に4日というペースが程よい。出かける前にのんびりとベランダに出る時間もある。子供たちがまだ学生で家にいた頃は午前も午後も教えていたなんて、一体どうやっていたんだろう。思い出せば、あの頃ベランダにはゴムの木と花の咲かないグレープフルーツと初代ローズマリーしかなかった。つまり、いつも身の回りに何か手をかける対象が欲しいのかもしれない。
 昨日ベランダ園芸中の教師仲間何人かと、水やりのタイミングについて話していた。朝になるとつい水をあげたくなって根腐れさせるY先生。だって構いたいんだもん、犬みたいに首輪つけて散歩させたくなるよね、と笑い合った。寂しいわたしたち、、?

眺める本2017/05/20

 今年の母の日プレゼントは本だった。ちゃっかりこちらから希望を言って届けてもらった。ありがとう、子供たち。
ここ数年、本はたいてい図書館で借りることにしているが、こういう本は置いていない。旅先の本屋で見かけ、いつか欲しいとメモしておいた大判の本だ。どちらも子供向けなので週末にゆっくり、読むというより(多分辞書なしで)眺められる。