スリランカ(1)シギリアは48階2017/04/30

 3月最終週にスリランカへ行った。学生のお父さんが案内してくれることになり、日本語教師仲間二人と(それぞれ別の便で)コロンボへ飛んだ。
写真を貼り付けて、思い出したことを少し書こう。
 (帰りにバンコクに立ち寄って帰国した翌日から新年度が始まり、久しぶりに風邪を引き、娘が10日ほど一時滞在し、後片付けやプリント作りに追われているうちに連休開始となったわけだ。慌ただしい一ヶ月だったなあ。)

 到着した翌日、スニール氏がまず連れて行ってくれたのは、古都アヌラーダプラ
srilanka1

 気温は33度、仏塔を囲む木立には猿の群れがいて、時々キーキー走り回っている。白い服の信者たちが大勢裸足で歩いて行くが、えーっ、ここでサンダルを脱げって?焼け石のような石畳の上をピョンピョン跳んで移動しながら、お参りいたしました。足裏真っ赤にヤケド。用意のいい同僚たちはちゃんと靴下持ってました。スニールさん「アチチのお寺、きっと忘れませんね」はい。
srilanka2
ゴータマ・シッタルダがその下で悟りを得た菩提樹の小枝が運ばれ、ここに植樹されたというスリ・マハ菩提樹もあった。色鮮やかな涅槃仏はイルスムニア精舎に横たわっている。

 ツアー2日目の目的地はシギリアスニールさんも一緒に登ってくれるという。
外国人観光客たちはこの先の道で現地ガイドたちに次々と話しかけられ、登り道の途中で親切に手を引いてくれる(実は高額)ガイドをつい雇ってしまうらしい。
srilanka3

力強い手に頼りたくなる気持ちがわからないでもない。
iPhoneアプリのヘルスケアによれば、この上り階段は48階分もあったのだ。ひい。
srilanka4
幸いにも曇りの午前中だが、すでに気温は高い。長い石段の向こう、狭いスチール階段が岸壁にへばりつくように延々と続いている。汗を拭きながら麗しいシギリアレディを眺め、ライオン門で一息ついてさらに登り、1時間ほどかけて頂上に到達した。

srilanka5

5世紀後半、アヌラーダプラを離れこの天空に王宮を建てたのは、孤独なカッサパ王だった。
asrilanka6

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2017/04/30/8507515/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。