ヘミングウェイの家(キューバ)2017/02/11

 ミネソタの友達がキューバ旅行の写真を送ってくれた。P夫妻とこの前会ったのは3年前のメキシコ旅行だ。メキシコシティーで待ち合わせ一緒に数日過ごした後、わたしは一人でハバナに行ったのだが、念願のフィンカ・ビフィアは映画の撮影中だとかで見られなかった。泣く泣く帰国し、事の顛末(キューバで絶句するをメールに書いたのを覚えていてくれたのだ。

hemingwaycubahouse
 アフリカで仕留めた動物の剥製、そしてミロの「農場」の複製(本物はD.C.のナショナル・ギャラリーにある)が飾られている。これはダイニングルームだろうか。

hemingwaytype
 立って使っていたというタイプライター。これで『老人と海』を書いたのか。

 オバマ大統領がキューバとの国交を回復したものの、アメリカ人の観光はまだツアー参加が前提になるようで、P夫妻も教員組合キューバ旅行で回ったそうだ。二つの国は国交正常化に向けてゆっくり動き出すはずだったが、トランプ政権はその打ち切りを示唆しており先行きは読めない。
 もしわたしがもう一度キューバに行けるとしても、またカナダ経由になるのかしら。話は逸れるが、ここ数日、トランプ大統領の読解力に疑問ありという報道をいくつか読んだ。一冊も本を読み通したことがないらしいとか、小4程度の英語力だとか、長い文章が読めないので思考力も劣り、発言が支離滅裂になる、質問に的確に答えられない、契約書は周りの説明を受けてサインする(大統領令も?!)などなど恐ろしいことばかり。詩人がいないどころの話ではなかった。