詩人がいない2017/01/22

 トランプの大統領就任式を一通り見て、あれれ、詩人がいない!と思ったが、調べてみると、共和党の場合はこれまでも詩の朗読はなく、必須項目ではないようだ。そうだったのか。


 思い出してみれば、就任式をテレビで見始めたのはつい最近、2009年のオバマ大統領の時からだ。活字で読んだクリントン大統領就任式(1993年)のマヤ・アンジェロウ強い印象が残っており、必ず朗読があるものと思い込んでいたケネディ大統領就任時ロバート・フロストが最初で(86歳という高齢だったため原稿が見えず、別の詩か即興詩を披露)、以来5人の詩人が壇上で自作の詩を読んだという
 とにかく詩は大事でしょ、人は言葉で作られているんだから、というようなことが上のサイトに書かれている。そして、ウォルト・ホイットマンの詩を読んだらどうなの、という提案があった。

 年末年始恒例日向でうとうと読書、この冬は『名編集者パーキンズ』からの流れで『異神の国から 文学的アメリカ』(金関寿夫 南雲堂)やヘミングウェイとフィッツジェラルド書簡集などを読んでいた。金関先生のホイットマン論にちょうどこんな一節がある。

「ホイットマンはアメリカの保釈保証人だ。アメリカが危機に瀕すると必ずホイットマンが蘇ってくる」と言ったのは、今世紀アメリカの大詩人エズラ・パウンドだ。つまりアメリカ人は、時代を超えたアメリカの理想を力強い声で歌い上げたこの詩人を、なにかにつけ思い出すからである。p.220

 「トランプに就任の詩がないなら、自分たちでホイットマンを読もう」というサイトもあった。

 そうそう、一番好きなホイットマンの名言
"Be curious, not judgmental."

コメント

_ とんでれら ― 2017/01/26 15:34

なんだかなあ、そういい続けて、そんなはずはないと打ち消す。でも希望的観測のみの行動を伴わない現実はポストトゥルースにつながる。現になってる。このままでいいはずはない。メキシコの壁などできるはずがないと、もはや言っている場合ではない。ホイットニーでもなんでも持ってこい❗なんぞ手当てしなくちゃ手遅れになる。核のボタンだって他人事じゃないよね??

_ dragonfly ― 2017/01/27 16:23

とん先輩、何か阻止する方法はないのか、とハラハラしながらニュースを見ています。ホント他人事じゃないですよね。egoの塊big baby, childと呼び知識人もマスコミも批判し続けているけど、大統領には巨大な権力が与えられちゃってるんですね。海外のメディアが発言の翻訳に苦心しているという話も読みました。語彙が少な過ぎて政治家の文にならないとか。薄っぺらでわずかな語彙の及ぶ範囲でしか世界を認識していないことが恐ろしい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2017/01/22/8331379/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。