9月のイギリス旅行 (5)エディンバラ2016/10/10

 エディンバラはいつか訪れたい町の一つだった。行ってみれば長い間の期待をはるかに超える素敵な町で、せっせと歩いた距離は(今チェック)2日間で25km、多分新記録だろう。

 4日目の朝、市中心部のプリンスィズ通りにあるホテルから、エディンバラ城へ坂を上ってゆく。ニュータウンもよい。オールドタウンもよい。通りも建物も趣きがあり素晴らしい。どこも観光客でにぎやかだが、何か落ち着いた空気が漂っている。
エディンバラ城入り口
edinburgh1

城壁内側からの眺め
edinburgh2

毎日午後1時に空砲が撃たれるワン・オクロック砲
edinburgh3

ロイヤルマイルにはもちろんバグパイプの響きが
edinburgh4

それから、必ず足を伸ばしたいこのコーヒーハウス。ハリー・ポッター・ファンが列を作り、J.K.ローリングの席に座るのは大変だろう。通り過ぎる二人。
edinburgh5

王族が時折休暇を過ごすというホリールード宮殿を、韓国からの修学旅行生がにぎやかに歩いてゆく。わたしたちはここでアフタヌーンティーをいただきました。
edinburgh6

それからロイヤルマイルを戻って以前教えた学生Davidと会い、町で一番小さなパブに連れて行ってもらった。話をしながらビールを飲み、気になっていた伝統の食べ物ハギスを食べる。
edinburgh7

 5日目は、もう歩きたくないUの提案でバス1日券を購入。でもカールトンヒルに行くにはやっぱり歩かなくちゃ。ネルソン記念塔にも登らなくちゃ。
edinburgh8

そして、スコットランド国立博物館と美術館内部もひたすら歩き回り、独立の士ウィリアム・ウォレス(お話がかっこよ過ぎる『ブレイブ・ハート』)やロバート一世、ケルト文化、ジェームズ・ワット、ウィリアム・モリス、クローン羊ドリー、ヘンリー・レイバーンのスケートをする牧師、ラファエロ、エルグレコ、ゴヤ、ゴーギャンを見て、外に出ればエディンバラの町はやっぱり美しいのだった。
edinburgh9

この日の夕方列車に乗ってロンドンに戻り(所要時間は4時間)、キングズクロス駅9と3/4プラットホームで記念撮影をした。マフラーはもちろんグリフィンドールね。

コメント

_ T.Fujimoto ― 2016/10/12 20:38

「ブレーブ・ハート」は見ていないですが、ウィリアム・ウォレスと言えば、私はやり込んでいたゲーム(Age of EmpireII)のチュートリアルの主人公をまず思い出します。いまでもスコットランドの英雄なのですね。

_ dragonfly ― 2016/10/13 11:09

Fujimotoさん、お久しぶり。お元気?すっかり秋になりましたね。
Age of EmpireIIって中世の騎士が戦うんでしょうか。もちろん最強のウィリアム・ウォレス?!最期は気の毒なんですが、英雄であることは間違いないようです。エディンバラ城入口右側に像があります。急いで通り抜けちゃったけど。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2016/10/10/8220352/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。