9月のイギリス旅行 (3)リヴァプール2016/10/10

 午後6時過ぎ、予定通りスタバに現れたUとタクシーでユーストン駅へ急ぎ、7時過ぎのリヴァプール行きに飛び乗りホッとしたのも束の間、聞き取れないイギリス英語の理解できない理由により出発は1時間遅れだった。8時発のもあるのにどうするの?と乗務員に質問したら"We go together."と答えが返ってきた。へえ〜。
11時過ぎにリヴァプール・ライム駅到着。タクシーでようやくホテルに着いたが、ツインのはずの部屋がダブルで部屋替えを申し入れ、フロントから遠く離れた迷路の向こうにある薄暗いけどインテリアはポップな部屋に落ち着き、長い長い一日が終わった。

 とは言っても、ぼやいてはいられません。疲れを知らない旅行人格。こんなに楽しいことがあるんだから。
 晴天の2日目、まずはマージー川沿いのウォーター・フロントを散歩した。
liverpool1

そしてThe Beatles Story 物館へ。
liverpool2

世界遺産のアルバートドッグ 散策後はマジカルミステリー・ツアーのバスに乗る。
liverpool3

するとこんな場所へ連れて行ってくれるのだ。ここはペニーレーン
liverpool4

ストロベリー・フィールズ
liverpool5

ジョンがミミおばさんと暮らした家
liverpool6

ポールが幸福な少年時代を過ごした家
liverpool7

 もちろんジョージやリンゴの家も、それぞれが通った学校、教会なども回る。ツアーバスは世界中から来た人々で満員で、みんな熱心に解説を聞き、流れる曲に合わせて歌っていた。メンバーが生まれ育った場所を訪ねると、"In My Life"の歌詞が改めて胸に染みる。
 解散は市内中心部。レコードデビュー前の4人が演奏していたマシューストリートのキャバン・クラブ近くでバスを降りた。近くにはジョンの銅像、エリナー・リグビーの像もある。all the lonely people...
liverpool8

 Saturday with the Beatles も予約しておいた。でも、正直に書くと、このバンドは全くダメ。8:00pmスタートのはずが9時過ぎに始まった上に、呆れるほど下手くそだった。前座のほうがよかったよね、と言い合いながら5曲で退散した。
liverpool9

コメント

_ yummy ― 2016/10/11 19:57

わぁ~すごい!
これはファンにはたまらないですよね!
ポールの家は映画で見たまんまだ。ストロベリーフィールズは・・・たしか草がボーボーの空き地になってませんでしたっけ?
今のブログのブロ友さんで、ビートルズの大大大ファンの方がいらっしゃるんですが、この記事みたら飛び上がって喜ぶと思うんですよね~
教えてあげてもいいですか?

_ dragonfly ― 2016/10/11 21:50

yummyちゃん、どぞどぞお知らせください。そういうお友達が行ったら、感激で涙が出ますよね。わたしも密かに泣いてました。
一緒に行ったUさん(アメアイ仲間だった)の場合、ご主人がビートルズ・ファンなので詳細は知らせずに出かけ、旅の途中で怒りマークのメールがビュンビュン飛んできました。

_ カノママ ― 2016/10/13 22:57

こんばんは!
初めまして♪
yummyさんから教えていただいてやってきました。
こんなところに行けるなんて夢みたいです。
只々「聴く」だけに徹しています。
何度聴いても飽きることはありません。

又お邪魔します♪
よろしくお願いします(*^^*)

_ dragonfly ― 2016/10/14 10:38

カノママさん、初めまして。一緒に喜んでくださってありがとう。本当にすごいことですよね。ビートルズ・ストーリーはクォリーメン時代から歴史を追って見せてくれるし、マジカルミステリーツアー・バスではペニーレーンの床屋や、ポールとジョンが出会った教会も見られます。いつかきっとお出かけくださいね。これからも、どうぞよろしく:-)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2016/10/10/8219638/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。