少しずつフランク・ロイド・ライト2016/05/29

 先週、友だちと池袋の自由学園明日館を見に行った。フランク・ロイド・ライト(1867-1959)設計の建物だ。
 FLライトという言葉を初めて聞いたのは、1970年サイモン&ガーファンクルの曲 "So Long, Frank Lloyd Wright" だが(わたしたち世代の共通項だろう)、それが著名な建築家の名前であること、アート・ガーファンクルが建築専攻だったこと、"so long"の意味は後からゆっくりやって来た。
 それからずいぶんと長い時間が過ぎ(本当に!)FLライトはいつの間にか気になる項目の一つになって、いくつかの場所を訪ねている。普通の人が目をパチクリするような、劇的な生涯を送った人物でもあるのだ。備忘メモをつけよう。

  2005年、シカゴのルッカリー(1888年建築)の前を通った(だけ)。映画『アンタッチャブル』の撮影にも使われたこの美しいビルは、1905年にライトがロビー部分の改装を設計したそうだ。The Rookery Light Court
Rookery

 2007年秋、シカゴ郊外オークパークの自宅とスタジオを見学した。
FLWstudio

自宅ライトが22歳の時建てたごく初期の作品だ。(1889年)
ここで6人の子供達が育った。中は撮影禁止だったが、工夫を凝らした楽しいプレイルームが印象に残っている。
FLW2


 2008年秋、NYC グッゲンハイム美術館内をカンディンスキーを探してぐるぐる歩いた。 Guggenheim Museum (設計は1945年頃、完成はライト没後の1959年history
FLW3

FLW4

 同じ旅行で、メトロポリタン美術館2階通路に窓の意匠デザインを見つけた。
window(1912年)The Met fifth Avenue Gallery
FLW5


 2012年秋、愛知県の明治村へ旧帝国ホテル(1923年完成)を見に行き、
FLW6

大谷石のタイルデザインを見上げた。
FLW7


 そして、先週の明日館(1921年完成)。帝国ホテルのために日本に滞在していたライトに、弟子の遠藤新が自由学園の創立者羽仁夫妻を紹介したという。
FLW8

FLW9

 深い庇、緩い勾配の屋根、光を取り込む連続した窓、仕切りの少ない広い空間、自然に溶け込む色合い、というプレーリースタイルは、シカゴ大火(1871年)後のシカゴ建築ブーム、鋼鉄のシカゴ派を経て生まれた真にアメリカ中西部的な建築だ。
ライトのステンドグラスや家具デザインはモダニズムそのもので、華美な装飾のない直線と図形からできている。バウハウス、ウィーン分離派、アールデコ、ル・コルビュジエ、20世紀のこの時代には各地で新しいものが次々と生まれた。どれも好きなスタイルだ。
 映画『ガタカ』の撮影が行われたカリフォルニア州のマリン郡庁舎(1957年、ライト90歳の作品)も、いつか見に行ければと思っている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2016/05/29/8098263/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ Tombow Notes - 2017/07/23 15:21

 アイオワ州のメイソンシティでフランク・ロイド・ライト建築の Stockman Houese を探している時、2ブロックほど手前の角に似たような造りの家を見つけた。Google Mapのナビはまだ先を示