春のシドニー旅行#12016/04/08

 羽田シドニー深夜便が始まるというニュースに、あとさき考えず航空券を購入したのは去年の9月。そのやみくも/思いつき/無計画のせいで、出発日午後がK校ミーティング、帰国日午後はY校講師会に挟まれる気忙しい旅行になった。普段と全然違うパワフルな旅行人格で乗り切らなくちゃ。同行してくれたのは着物のテルテルM、今回もあっさり即決即答だった。

 3月25日午後10時過ぎ羽田発のANA便で、朝9時半シドニー空港に到着。時差はシドニーの方が2時間早い。空港でお小遣いをオーストラリア$に両替し、ネット予約済みのシャトルバスでセントラル駅近くのホテルに向かった

 荷物を預けチェックイン時間まで近くを散策。セブンイレブンでプリペイドの交通カードOpalを買い、軽くタイ料理ランチ。チェックイン後着替えて、少し先まで歩くことにした。フロントでもらった地図を見ながら、初日に足を伸ばしたのはこんな所:

シドニータワー
sydneytower

タワーに登って北のシドニー湾を眺める(Sydney Tower Eye)。展望台の外にはスカイウォークがあり、命綱をつけてぐるりと歩くこともできる。でもそれは遠慮しましょ。
左手のオペラハウスとサーキュラー・キーは、ビルの陰になっているようだ。遠くに太平洋が見える。美しい街ですねえ。
sydneytower2

タワーのあるビルはショッピングモールになっており、5階に評判のよいシーフードの店 Cod&Coがあった。よく冷えた白ワインがおいしい。
cod&co

春のシドニー旅行#22016/04/08

 「春の」というタイトルだが、南半球は初秋だ。4泊7日(機中2泊)旅行の2日目からは降ったりやんだりの日が続いた。この季節にはよくあることらしい。
市内で行った場所をランダムにまとめておこう。

こんな2階建てのシティレールで
cityrailsydney

ザ・ロックスの週末マーケットへ
浴衣姿のテルテル、晴れ女パワーを発揮してくださーい。
rocksmarket

ハーバーブリッジの足元まで歩き、自分で焼くステーキ屋 Phillips Foote でオージービーフをしっかり食べ、オペラハウスを眺め
circularquay

artNSW

アボリジニ・アートの部屋、現代アーティストの シドニー・ノーランもよかった。
artNSW2

春のシドニー旅行#32016/04/08

 バスに乗ってボンダイ・ビーチへ行った。
bondibeach

ボンダイ・ブルーという言葉を初めて知ったのは20年以上前だ。Macのデスクトップ画像選択色の中に緑がかった青のBondi Blueがあり、気に入って使っていた。復帰したスティーブ・ジョブズが出した初代iMacにもその色があった。以来いつかボンダイ・ビーチを見たいと思っていたのだ。
あいにくの雨、数人のサーファーがやや鈍く沈んだ青い海に出ている。空が明るく晴れた日にはどんな色に変わるのだろうか。

 ボンダイ・ビーチの町には「世界一美味しい朝食」の店 Bills の支店がある。テルテルがシドニーで行きたい場所リストに入れていた店だ。わたしがリストに入れていた Gertrude & Alice Bookstore もちょうど通りの真向かいにある。
世界一のパンケーキと豆サラダを(ランチに)注文し出てくるまでの合間に、一人で通りを渡り古書店に入った。

bondibills

bondigertrudealice
 
本はカテゴリーとアルファベット順に並んでいる。特にスタイン研究書の棚があるわけではないが、パリのシェイクスピア&カンパニー書店の雰囲気にどこか似ている。ぐるりと一周し、ビルズに戻った。

春のシドニー旅行#42016/04/09

 シドニーには他の都市同様たくさんの観光ツアーがあり、予約不要なフリーツアーに参加し徒歩やバスで市内の見どころを回ることもできる。でも無計画な二人組は、気の向くまま市内を歩き回った。

 その他に行ったのは
・シドニー博物館 Museum of Sydney
シドニーの歴史を知るのによいという説明通りの場所だった。入植当時の歴史、囚人を乗せた第一船団11隻の模型や先住民アボリジニとの接触など。上映中のムービーがオペラハウスの建築デザインを解説していた。
年別に並んだハーバーブリッジの厖大なデジタル写真集を操作していると、老婦人が近づき隣に並んで、橋が中央で繋がり完成後人々が最初に橋を渡るまでの様子を熱心に眺めている。お話ししたところ、わたしの母と同じ年だった。もう一人、小学校の同級生だったという老婦人もご一緒で、遠くから見える完成記念式典(1932年)の大きな照明が子供心に恐ろしかった、と笑いながら教えてくれた。
harbourbridge


・フィッシュマーケート Sydney Fish Market
世界第二位、築地魚市場に次ぐ規模(水揚量が大きい)そうだが閑散としている。と思うのは、築地の人混みが当たり前になっているせいでしょう。ムール貝や牡蠣が新鮮、食べなかったけど。見たことのないエビ bay bugs なども(今調べたら和名はウチワエビモドキ)海老じゃないのか?
syydneyfishm

・クイーン・ビクトリア・ビルディング QVB
1898年完成の美しいビル。ショッピング・アーケードになっている。

・パディズ・マーケット Paddy's Markets
こちらも歴史の古いビル。QVBと違って全く庶民的、というか1階のお土産品・衣類・雑貨・生鮮野菜マーケットは一体ここはどこ?というアジアっぽい雑多な雰囲気だった。だから好き。

・野外オペラ ツゥーランドット Turandot on Sydney Harbour
出発2日前にプッチーニのオペラが開催されるのを知った。いいタイミングで初めてオペラを見ることができラッキーですね。無教養ゆえ、正直なところ内容をほとんど知りません。パバロッチ氏とポール・ポッツさんのNessum Dormaを聴いたことがあるだけ。ピン、パン、ポンが愉快。3つの謎かけって何?前から2列目に座り、ドラゴンの口から突然噴き出す炎に驚く。
turandot

春のシドニー旅行#52016/04/09

 世界遺産の ブルー・マウンテンズ には是非行ってみたいと意見が一致し、現地ツアーにあらかじめ申し込んでおいた。早朝バスが迎えに来た。市内のホテルあちこちで参加者を拾い合計21名、国籍は様々だ。
 標準的なツアーに含まれているのは、乗り物3種を楽しめるシーニックワールド Scenic World 、奇岩スリー・シスターズを望むエコ・ポイントのトレイル、小さな町ルーラでのランチタイム、フェザーデール動物園 Featherdale Wildlife Park と帰りのフェリーだ。ガイドのジョン氏がオーストラリア英語で、出発からフェリー乗り場まで見えるものあれこれを説明してくれた。明るい。面白い。時々よく分からない。
ただし日程表はなく、その場その場の予定が伝えられて動くので、効率よい手順を好む日本人には(チェンマイのクッキング同様)ちょっとじれったい。これもオージースタイル?
案の定、熱帯雨林の道で迷子になる者4名、スリー・シスターズの岩場から戻らない(実はビールを飲んでいた)者3名、、残りのメンバーはその都度待たされることになった。
「日本人は時間を守るよね」とシンガポールのカップル。
「バスに乗るとすぐ寝るのは日本人と韓国人」とジョン氏。確かに。

 曇天でロープウェイの眺めはよくなかったが、インディ・ジョーンズのテーマで駆け上がる急な傾斜鉄道 incline railway が愉快だった。ひゃー。傾き52度。速い。
inclineBM

 オーストラリアへ来たからには、固有種の動物を見なくては。
フェザーデールはのんびりした動物園で、柵から出ているカンガルーもいる。ハリモグラ、ディンゴ、エミュー、そして人気者はやっぱり心和むコアラでしょう。コアラ・サンクチュアリの中だけ、一緒に写真を撮るための長い列ができていた。
kangaroo

koala

ベランダ菜園20162016/04/17

 東日本大震災の直後、「日常生活というものは得難い幸運なバランスの上に成り立っているのだろう」と書いたことを思い出す。大災害のニュースに気持ちが揺さぶられる。遠い国で難民になっている数百万の人々、予測できない事故、虐待で亡くなる幼い子供たち、、様々な報道を読むたびに胸がつまる。続いていくはずだったごく当たり前の生活が、荒々しく根こそぎにされてしまうことが無念で悲しい。

 毎日を丁寧に暮らさなければならないと思う。得難いバランスの上に続いている日常を、きちんと誠実に過ごすことを心がけよう。この幸運を安逸に無駄遣いしてしまうなんて申し訳ないではないか。
そんな妙に生真面目な気持ちで、他愛ないベランダ菜園をスタートした。
道路を隔てた小学校の校庭からは、いつもの通り練習に励むサッカー少年たちの声が響いている。

garden2016

 元気に冬を越したのはイタリアン・パセリ。元気をなくしているローズマリーには新しい苗を加え植え直した。花が咲かないまま20年たったグレープフルーツの木は、寒い時期に思い切って短く刈り込んである。
ミニトマトとバジルは例年通り自己流で。たまたま目についたエゴマの種も蒔いてみた。次の週末には、夏のモヒート用にミントの苗を探しに行きましょ。