ボストンのタスク(第13次遠征隊#5)2014/10/14

  タスクは3つあった。
旅行仲間Mはその日、市内観光ツアー&湾内クルーズに出かけるという。朝食を一緒に取った後、わたしは徒歩と地下鉄とバスでバタバタ走り回った。

1、ボストン・パブリック・ガーデンで「かもさんおとおり」の像を見ること。
この絵本もR.マックロスキー作、もちろんアメリカの子どもたちは誰でも知っている。ほーら、大人気。
duckling


2、アンダーグラウンド・レイルロード(黒人奴隷解放のための地下組織)の運動家ハリエット・タブマンの名前がついた広場へ行くこと。
数年前から資料集めをしているが、全然まとめていないテーマのひとつ。

harrietTS


3、JFケネディ図書館&博物館のヘミングウェイ・リサーチ室で、資料を見ること。
リサーチには事前予約が必要で、日本からのメールに返事はなかったが、朝電話したら難なくアポが取れた。指定の時間に入室し用紙を記入すると、1年間有効!!のIDが発行された。所属特になしの一文学ファンも、これで貴重な手書き原稿などを調べることができる。
 部屋に収められているのはキューバからメアリ夫人が持ち帰った書籍・資料類、ヘミングウェイの親類がしとめたライオンの剥製、アーネストそっくり青年をモデルに描かれた絵(係員の説明による)など。
 書庫を自分で探るのではなく、請求して机の並ぶ別室に運んでもらう。わたしはヘミングウェイの書簡 incoming letters from Gertrude Stein and J.D.Salinger, outgoing letters to G.Steinを参照させてもらった。ぞくぞく興奮の2時間。
 スタインからの便せんにはパリ、フルール街の住所が印刷され、戦地からサリンジャーが出した封筒の宛先はキューバのフィンカ・ビヒアなのだ。
 カウンターの係員にお礼を言って退室する時、「また明日も来るか?」と尋ねられた。うう、次はいつだろう。

JFKHemingway


コメント

_ yummy ― 2014/10/23 20:27

わぁ~お~。それはゾクゾクきますな。1年間有効だなんて!次は1週間くらい滞在してしまうといいですのだ。

_ dragonfly ― 2014/10/24 00:28

ふふ、うれしくてIDを机の上に置いて、時々眺めてます。専門家じゃないのにきちんと対応してくれて有難い。うん、リタイアしたら、どこかに少し長く滞在するつもりですのだ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dragonfly.asablo.jp/blog/2014/10/14/7458149/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ Tombow Notes - 2018/07/08 22:46

 市内に戻り、『アンクル・トムの小屋』を書いたストウ夫人の家へ行った。ここでもボランティアが丁寧に、シンシナティ時代のハリエット・ビーチャーと家族について説明してくれ